MD事業
医療・研究機器

超純水製造装置 うるぴゅあ

 うるぴゅあ 
お客様サポートサイト
 ログインはこちらから 

低ランニングコスト

超純水製造装置 うるぴゅあ

光触媒の採用

有機物の分解を光触媒で行います。この技術により高額な185/254nmUVランプが不要になりました。

この光触媒技術(TOC成分除去装置、TOC成分の除去方法)は、国内特許、米国特許を取得しております。

※国内特許(特許番号:第4298603号)、米国特許(特許番号:7,384,612 7,483,819)

さらに!光触媒の技術で…貯めて使える超純水

今まで:純水のタンクに保存。3日間程度で汚染する為、長期保存ができない。うるぴゅあ:タンク内に光触媒を有し、常に循環、超純水の長期保存が可能。

いつでも必要な時に超純水が使え、薬剤の投入なども必要ありません。

セルフメンテナンス

お客様自身での簡単に消耗品を交換!作業員などを呼ぶ手間も省けます。

超純水製造装置 うるぴゅあ セルフメンテナンス

ランニングコストを大幅に抑えることが可能となりました!!!

トップクラスの採水スピード

※超純水の精製能力は12L-20L/時(10℃-25℃時)

3L/分の採水スピード

他社比1.5倍は業界最大の採水量。化粧品製造、原材料生産、各種洗浄に最適です。

研究分野/時間短縮・研究効率アップ、貯水待ち時間短縮。60~150Lの超純水タンクで小ロットの生産対応。

洗浄分野/毎分3Lの採水量は流速での洗浄が可能です。半導体洗浄、ナノデバイスの洗浄などで威力を発揮!

生産分野/常時循環で超純水がいつでも使用可能。もうタンク内の純水の入れ替えは必要ありません

高性能な超純水

超純水製造装置 うるぴゅあ ILT-Matを用いた培養試験

Dnase,Rnaseフリー水が有機、無機問わずあらゆる分野でのご使用に適しています。

ILT-Matを用いた培養試験

異なる超純水で調整した培養液によるILT-Mat細胞の増殖

TOC濃度
TOC濃度
標準水
うるぴゅあ A製品 B製品
うるぴゅあ 0.5 2.8
A製品 -3.2 0.1
B製品 -2.8 1.2

TOC値比較試験では、いずれも「うるぴゅあ」水のTOC濃度が低いことを実証しました。

さらに金属元素(14元素)分析(JIS K 0553:2002)や陰イオン分析(JIS K 0556:1995)、鉄・硫酸イオン・細菌数・チタンなどについて実証データがあります。金沢大学学際科学実証センター・金沢大学大学院自然科学研究科などのご協力を得て、遺伝子改革動物分野・ゲノム機能分析分野での評価も得ています。

効率を求めた様々な工夫

フレキシブル採水口

上下、回転可能なフレキシブル採水口、採水台を備えております。

お知らせ便利機能

水質、タンク残量、採水モード、消耗品交換サインなどを分かりやすく表示します。

定量採水

0.1L単位での定量設定可能(100L以上は1L単位)

漏水検知標準装備

入力水の減圧弁、漏水検知機能は標準装備します。

水質自動保存

TOC値、比抵抗値を1カ月間自動保存します。薬局方(16局)への対応が効果的に実現できます。

超純水製造装置 うるぴゅあ本体(女性165㎝)

うるぴゅあ本体(女性165㎝)

超純水製造装置 うるぴゅあ150Lタンク付き

うるぴゅあ150Lタンク付き

製品ラインナップ

仕様 20L
(内蔵)
60L
(外付け)
90L
(外付け)
120L
(外付け)
150L
(外付け)
型式 標準機 KE0119 KE0130 KE0129 KE0128 KE0126
TOC内蔵 KE0147 KE0148 KE0149 KE0150 KE0151
LAN対応 KE0122 KE0134 KE0133 KE0132 KE0131
TOC+LAN KE0152 KE0153 KE0154 KE0155 KE0156
寸法(mm) 本体(W×D×H) W350×D550×H1200
タンク(W×D×H) 内蔵 550×550
×615
550×550
×750
550×550
×900
550×550
×1000
重量(kg) ( )内は満水時 80(102) 102(167) 108(203) 115(249) 120(275)
満水時間 約16時間 約5時間 約7.5時間 約10時間 約12.5時間
連続採水時間(3L/分) 約6.6分 約20分 約30分 約40分 約50分
電源入力・定格 AC 100V 50-60Hz 100VA(精製時)-50VA(待機時)
※TOC内蔵タイプ+10VA
使用環境 5℃〜40℃(TOC計内蔵品は5℃〜35℃)、10〜90%(結露なき事)

オプション

  • 追加採水口(KE0165、KE0184)約2〜3M離れた地点での採水を追加します。純水の採水も可能です。(採水量は1.5Lになります。)
  • 水温測定・表示
  • 背面採水口の追加(ホース出し)
  • 0.5L用採水機能
  • 洗浄用ガンノズル(シャワーノズルも選択できます)
  • バイオパッケージ
  • EDI方式(純水製造工程のイオン交換樹脂をEDIに置き換えます)

機種設定

TOC内蔵 UV酸化方式のTOC計を内蔵し、パネル面にデジタル表示します。
LAN対応 背面のパネルにLAN端子を装備し、リモート監視機能を追加します。
専用のアプリケーションにより、比抵抗値、TOC値(内蔵品)の自動記録を行います。

性能

比抵抗値(25℃) 18Ω・cm以上
有機体炭素(TOC) 5ppb以下
1ppb以下(バイオパッケージ選択時)
生菌数(24H培養) 0個/L
エンドトキシン 5EU/L以下
1EU/L以下(バイオパッケージ選択時)
採水量 3.0L / 1.5L / 0.5L(※0.5L採水はオプション)
超純水製造能力 12-20L/時間 10℃-25℃時
採水量設定 0.1L単位、100L以上は1L単位

給排水

供給原水 水道水(地下水はご相談ください)
水温25℃程度
水圧0.1〜0.3MPa
排水 供給原水の60%程度
排水口の高さ1.5m以下

※供給原水、設置環境、管理状態によっては性能が得られない場合があります。
※製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

デモ機貸出も行っております。お気軽にお問い合わせください。


商品紹介へ戻る

このページのトップへ